学校の先生の特徴

sample塾講師と違って、学校の先生には主にこのような特徴があると言えるでしょう。 学校の場合は基本的に、学校全体、文部科学省全体で、 教科書のどの範囲をいつからいつにやるかという、 指導内容が決められていることが多いため、 その範囲に沿って授業計画を立て、従業を行っていきます。 その為、科目によっては比較的余裕ができやすく、 出来るだけ多くの生徒が理解できるように、 ゆっくりと授業が進むことが多いのが特徴でしょう。

また、塾に比べると一日生徒と過ごす時間が多い学校の先生は、 授業内容だけではなく、人柄も重視される傾向が多いでしょう。 あくまで塾によりますが、 塾によっては授業さえしっかりすれば人柄はどうでも良いと考えている場所もあるようですが、 学校の場合は何かあれば即刻学校全体の責任問題に発展しますので、 多少授業内容がわかりにくくても、真面目であったり、温厚であったり、 熱血であったりする人を、積極的に採用する傾向にあると言われています。

このように、先生の特徴だけを捉えてみても、 勉強を最優先にする傾向がある塾講師と、 人柄を最優先にする学校の先生では、大きな違いがあると言えるでしょう。 どちらが優秀ということはありませんが、それぞれの特色を理解することが大切です。

最新投稿